> 福山市の屋根・外壁塗装専門の工事の流れ

工事前に近隣の方々へ、粗品を持って挨拶まわりに行かせて頂きます。
1番気をつけているのは、近隣トラブル。

工事中は工事車両が頻繁に出入りしますので、
近隣ドラブルを防ぐために、近隣の方とのコミュニケーションを大切にしています。

工事中にお会いしたら、笑顔で挨拶を徹底しています。

足場の組む時のポイントは、職人の安全や工事やしやすいのはもちろん、
お客様が生活しやすいように足場を組んでいきます。
生活に支障がないように、頭をぶつけてケガがないように注意しています。

最新の超高圧の洗浄機で外壁、屋根、土間など塗るところ以外も、しっかり洗浄し、劣化した塗膜やコケを綺麗に洗い流します。
高圧洗浄をしっかりと丁寧にしないと、高級塗料を塗っても長持ちしません。

サイディングの建物の場合は、シーリングを全て打ち替えます。
モルタルの建物は、ヒビが入ってなくても、当社は全部打ち替えます。
正しい処理をしなければ、耐久性が落ちるので、時間をかける行程です。

塗装をするところ以外を隠し、塗料が付かないようにします。
下手な方がすると、塗料がにじんで汚くなります。
当社は養生にもこだわり見た目が良い綺麗な養生を心掛けています。
養生が汚いと、近隣の方から汚いと思われます。
プロだからこそ細かい部分もこだわるんです。

また、お客様が換気して欲しい箇所を聞いて、換気ができる養生も可能です。

塗料の規定の量以上にたっぷりと手塗りで塗っていきます。
吹き付けや、塗料を薄める業者もいますが、
当社は、たっぷり塗料を手塗で塗装するから長持ちします。

外壁塗装の上塗り一回目です。艶・耐久性・機能性を守るため、たっぷり透けのないように、手塗りで仕上げていきます。

外壁塗装の上塗り二回目です。膜厚が規定値以上になることを確認しながら、塗り残しがないようたっぷり塗っていきます。

通常通り屋根に塗料を塗ると、屋根が塗料で密着して中に水が入る為、
塗料が密着しないように、タスペーサーを入れていきます。
福山ではこの作業をする業者が少ないのが現状です。

屋根は外壁の2倍以上に直射日光を浴びて過酷な状態にあります。
しかし屋根はお客様の目で見えないので、1回しか塗らない業者もいますが、
当社では、規定の塗料以上にたっぷりと塗料を付けて4度の手塗りをします。
丁寧に手塗りをすることで長持ちするんです。

樋・庇・水切りなどの付帯部に塗料がしっかり密着するようペーパーなどで目粗しを行います。

下地処理を行った付帯部の上塗りです。手塗りでたっぷり塗りこみます。

透けがないよう、丁寧に手塗りで仕上げます。

隅々まで綺麗に。
汚れている部分の掃除や、土間などのはき掃除を行います。
ごみ一つ残しません。

工事後は、最終チェック家の周りを一緒に確認して、
塗装工事が完成です。

ここからが本当のお付き合い。定期的にお手紙をお送りし、点検にお伺いさせて頂きます。もちろん気になる事があればいつでもご連絡ください。対応させて頂きます。


※しつこい営業は一切しませんので、お気軽にご相談ください。
※複数社との見積もり比較大歓迎です。